メルラインはオールインワンタイプのジェルになっているので、洗顔後のスッピン肌にサッと塗るだけで肌がシットリ保湿できます。肌の乾燥が特に気になる人なら、洗顔した後に化粧水を塗っても良いですが、メルラインにはヒアルロン酸やコラーゲンなどたくさんの保湿成分や美肌成分が入っているので、洗顔後特に化粧水を使わなくても十分な保湿ケアができます。

 

メルラインを使う際の注意点ですが、洗顔をしたらできるだけ肌が湿っている間に塗るのが理想的です。洗顔をすると肌表面の皮脂が取れてしまうため、そこから肌は急速に乾燥してしまいます。また、角質は濡れている時なら保湿成分や美肌成分が肌の内側に浸透しやすいのですが、乾燥すると硬く閉じてしまうので、保湿効果がイマイチになってしまいます。洗顔直後の濡れている肌にメルラインを使ったほうが良いというのは、角質層の内側に有効成分がたっぷり浸透してくれるからなのです。

 

メルラインの使い方ですが、まずは洗顔剤を使って洗顔してください。あまり熱いお湯ではなく、冷たいなと感じるぐらいのぬるま湯で洗ってあげるのが良いでしょう。そして、洗顔後には軽くタオルドライした肌にすぐにメルラインを塗ってあげてください。この時、手のひらで肌を包み込むようにパッティングしてあげると、さらに効果は大きくなります。

 

少し変わった方法ですが、洗顔後にタオルドライをしていない濡れたままの肌にメルラインをつけても、高い保湿効果が期待できます。タオルドライをすると、肌質によっては肌をこすって刺激になってしまったり、肌の乾燥が一気に進んで保湿効果がイマイチになってしまうことがあるので、濡れたままの肌にメルラインを塗ってあげることによって、肌に負担をかけることなく確実に高い保湿効果を得ることができるのです。

 

メルラインを使ってみて、もう少しだけ保湿したいなという時には、メルラインを重ねづけしてもOKです。重ねづけする際には、手のひらでパッティングしてあげて、毛穴を開いて有効成分を中に押し込めるように使うのがポイントです。

 

MELLINE(メルライン)のさらなる詳細はこちら