ニキビケアができるオールインワンタイプのジェルとして人気のメルラインとリプロスキン。どちらも人気商品なので迷ってしまう所ですが、どの部位に効果があるのか、どんなメカニズムでニキビケアができるのかという点が異なります。まずテクスチャーですが、メルラインはオールインワンタイプのジェルなのに対し、リプロスキンは導入化粧水なので液体タイプとなっています。どちらも肌の内側に浸透してくれるので、活発なニキビはもちろん、ニキビ跡にも効果を発揮してくれるという点は類似点と言えるでしょう。

 

また、メルラインはあごニキビに効果が高く、年齢を重ねることで肌のターンオーバーが低下することによるニキビとか、生理前などホルモンバランスが崩れることでニキビができやすくなってしまう場合などに効果が期待できます。一方、リプロスキンの場合には、あごのニキビよりも頬とか小鼻のあたりのニキビに高い効果が期待できる商品でs。

 

このように、メルラインとリプロスキンは、ニキビケアができるという効果では同じなのですが、使用感から効果が期待できる部位、そのメカニズムも異なる商品です。どちらかを選ぶなら、どんなタイプのニキビがどこにできてイルカによって選べばよいですし、リプロスキンは化粧水でメルラインはオールインワンジェルなので、リプロスキンを使った後にメルラインを使うというダブル使用をすれば、さらに高い効果が期待できます。ニキビができやすく、ニキビ跡も気になるという人の中には、メルラインとリプロスキンのダブル使いをしている人も多く、この二つを同時に使うことによって最強のニキビケアができると大評判です。

 

どちらの商品もネット購入できますし、定期コースを利用すればリーズナブルにつづけられるという点が魅力ですね。ストレスや疲労など、ニキビができる原因はたくさんありますが、メルラインとリプロスキンを上手に使うことによって、ニキビができにくい肌質を作ったり、できても直ぐに解消できる美肌力を手に入れたいものです。

 

MELLINE(メルライン)のさらなる詳細はこちら